タレンティ日本公式サイト

Ramón Esteveラモン・エステーブ

ラモン・エステーブの写真

ディレクターのRamón Esteveは、クリエイティブスピリットに富んだ組織である、名門建築とデザインスタジオの創設者です。ユニークな哲学を維持しながら、彼の物事を鳥瞰する思考は、つねに新しいチャレンジに向かっています。あらゆる機会に卓越した結果をだすことを至上命題と考えています。

1990年にマドリードのScuola Tecnica Superioreで建築学の学位を取得したRamónは、1991年にラモン・エステーブ建築スタジオを設立しました。その後、建築家、インテリアデザイン、国内外の産業デザイナーとして活躍しています。

建築学の博士号を取得し、2005年からバレンシア工科大学教授も務めています。さらに、建築とデザインに関するワークショップ、講演を行っています。長年にわたって、Vondom、Porcelanosa、Inclass、Vibia、GandíaBlascoなどのブランドと協力して、ホテル、レストラン、アパートメントなどの公共プロジェクトと民間プロジェクトの経験を積んできました。彼の作品には個性があります。それは彼の絶え間ない探究心から出発しているのです。

Founder and director of the eponymous architecture and design studio, Ramón Esteve is the creative spirit of the organization. Maintaining a unique philosophy, his holistic view of life has led him to always face new challenges, with the inevitable objective of achieving excellence at every opportunity.

Having earned his degree in architecture at Madrid’s Scuola Tecnica Superiore in 1990, Ramón founded the Ramón Esteve Architecture Studio in 1991. He is active in the fields of both architecture and interior design as well as industrial design on a national and an international level.

With a PhD in Architecture, he has been a Professor at the Polytechnic University of Valencia School of Architecture since 2005. In addition he has found time to conduct workshops, lectures and conferences on architecture and design. Over the years he has collaborated with brands like Vondom, Porcelanosa, Inclass, Vibia and Gandía Blasco reinforcing his experience with both public and private projects such as hotels, restaurants and apartments. His work has character, the starting point in his constant search for excellence.

Marco Acerbisマルコ・アセルビス

マルコ・アセルビスの写真

1973年に生まれ、1998年にミラノ工科大学を卒業しました。1997年から2004年にかけて、ノーマン・フォスターのスタジオで仕事をしました。この間、彼はロンドンのインペリアルカレッジキャンパスにある8階建ての高等医療研究施設の建設に協力しています。その後トニー・ブレアによって開設された1400人の学生のための幅250mにも及ぶ高等学校ビルである“キャピタルシティーアカデミー”のプロジェクトアーキテクトになります。

彼は2004年にイタリアで自身の活動を開始しました。まったく異なるスケールでの設計に魅了され、スキル、アイデア、ツール、技術のクロスオーバーを駆使して、総合的にデザインされた空間を実現するために、様々な角度からの建築の研究をしました。2004年にFontanaArteのために設計されたVertigoフロアランプはすぐにベストセラーになり、それは現代のアイコンとして認められ、Vitra Design Museumの永久収蔵に選ばれました。

コロンボデザインのために設計されたプリウスドアハンドルは、第11回 Compasso d'Oro ADIで特別賞を勝ち取りました。DesaltoのためにデザインされたKloeアームチェアがRed Dot Design Award 2009を受賞しました。IB Rubinetterieのために設計されたウェーブタップコレクションは、2013年にRed Dot Design Award 2015とGood Design Award Chicago Athenaeumで優勝しました。 彼にとってコンテンポラリーデザインとは、つねに持続可能でなければならず、Polinsの設計と施工管理で、最高の建築基準であるCasaClima Class A +が認定されています。

Born in 1973 Marco Acerbis graduates in architecture from Politecnico di Milano in 1998. From 1997 to 2004 he lives in London where he works with Lord Norman Foster’s Studio. Over these years he collaborates on the construction of an eight story high Medical Research Building at the Imperial College Campus in London. He then becomes Project Architect for Capital City Academy, a 250 meter long High School building for 1400 students which was opened by Tony Blair.

He sets up his own practice in Italy in 2004. Fascinated by designing at very different scales he quickly moves on to explore with a constant cross over of skills, ideas, tools and technologies all sorts of subjects to achieve a globally designed space. The Vertigo floor lamp, designed for Fontana Arte in 2004, was immediately acknowledged as a best seller and an icon of our time and is now included in Vitra Design Museum permanent collection.

Prius door handle designed for Colombo Design wins a Special Mention at XXI Compasso d’Oro ADI. Kloe Armchair designed for Desalto wins the Red Dot Design Award 2009. Wave tap collection designed for IB Rubinetterie wins the Red Dot Design Award 2015 and the Good Design Award Chicago Athenaeum in 2013. His interest for contemporary issues takes him to be directly involved in sustainable architecture with the design and construction management of Polins which is certified CasaClima Class A+, the best building standard.

PageTop

Contentsオススメのコンテンツ

PageTop